ブラックリスト S1 E22 ベルリン後編

ブラックリスト シーズン1最終話 

海外ドラマ「 ブラックリスト S1 E22 / ベルリン後編 」

 

ブラックリスト・シーズン1最終話は、いくつかのナゾが明らかになり、新たなナゾが残った。

 

まず明らかになったナゾは、ベルリンの顔、そしてベルリンの過去。

ベルリンの正体は旧ソ連の元政府職員。

治安維持的な仕事をしていたベルリンは、大量の犯罪者や反逆者を収容所に送っていた。

ソ連上層部に仕事ぶりを買われ出世した彼だったが、なんと実の娘が反政府組織の男と

交際し投獄されてしまう。そこでベルリンは自分の立場を利用し娘を逃してしまう。

ところがそれが政府にバレてベルリンは投獄され、娘は惨殺されてしまう・・・

 

その後、脱獄した上に、娘殺しの関係者を皆殺しにしているベルリン。

という話だったけど、何と言ってもここに最大の謎が残ったよね。

 

ココをチョット整理してみると・・・

リズの実の父は生きている(トム情報)。

リズの父は火事で死んだ(レッド情報)。

リズを火事の中から助けた人間がいる(これはほぼレッド確定)。

 

まずこの話、全員が真実を語っているとすると、リズの実の父は生きているが、

レッドは死んだと思っている。 そして火事からリズを助けたのはレッド。

 

レッドが嘘をついているなら、レッドがリズの実の父。

 

これ、どっちが真実かはまだわかっていないけど、最大の謎はベルリンの持っていた

時計の中の写真。

 

あの写真の少女とレッドが最後に見ていた写真の少女は同一人物。

レッドの写真は全身写真で、ベルリンの写真は上半身。

レッドの写真には「#78」とナンバーが振ってあり、その左の名前は

指で隠されていたが、最初の文字はおそらく「L」。

それがリズのLなのか、それとも普通はエリザベスと書くだろうから、

別人と読むか?

まあこれは別人だろうね。ただしリズの血縁、それもかなり近いはず。

母か、姉か妹か・・・ 

 

でもどちらにせよ、これでレッドとベルリンの接点が見つかった。

もしあの写真の少女がリズ(またはリズの母)だとすれば、

リズの実の父(または祖父)はベルリン。

 

レッドはあの火事で大やけどを負いながらも、リズを助けたということは、

レッドとベルリンは親友なのか?

それともリズの母親が、レッドとベルリン両者と関係があるのか?

 

たぶん考え方としては、ベルリンの奥さんの娘、それがリズという可能性が一番高いのかな? 

あの写真の少女はベルリンの娘ではなく、ベルリンの奥さん。

そしてその女性とレッドの娘がリズとかね。 今のところ、この説が最有力かな。

それならベルリンが、かなり昔からレッドを攻撃していてもおかしくない。

ベルリンが投獄され、拷問されている間に、奥さんを寝取ったのがレッド。

そして自分の娘は切り刻まれて死んだのに、レッドとの間に娘ができていた。

妻の裏切りとレッドに激怒したベルリンが、レッドとリズを狙う。

でも実は真の父親はベルリンだった・・・とかね(笑)。

 

とにかくわかったのは、あの時の火事、そして写真の少女(ベルリンの娘?)が、

レッド追撃の動機になっていること。

 

それからレッドにはバレリーナの少女もいるけど、あの子だと年齢的にベルリンの

娘とは考えにくい。 そうするとやっぱり母親に関する問題だよなぁ。

 

そしてベルリンがレッドの戦争の相手だということも判明した。

そうするとベルリンにはレッドの件以外でも、何かアメリカ政府あたり対し目的がありそう。

ここは考えてもわからないので、ナゾをもう一つ。

 

そう、ベルリンの影武者が殺された現場から消えていたトムだ。

トムは腹に3発喰らったけど、あの場に死体がなかったということは、

自力で逃げ出したということだろう。

 

トムには死んでほしくないし、ベルリンもいることだ。

これからもレッド&リズと戦ってほしいよね。

ただトムが逃げられたのにリズが関係しているのか?それとも死んだフリでもしたか?

ここも興味深いね。

 

あとは怪しい、怪しい書いていたミーラがサクッと死んじゃったのはショックだったなぁ。

パターン的には本部長も死にそうだったけど、なんとか本部長は踏ん張った。

それにしてもミーラは使い道があったと思うけどなぁ・・・

せめてミーラのために一話使って欲しかった気はするな。

 

最後にシーズン2について。

アメリカでの放送開始が9月からの予定。

なので日本も当然それ以降なんだけど、それ以前にスーパードラマTVの放送の

速さがスゴイよね。最近はAXNも速いけど、こういう本国との時間差が少ないというのは

無条件で嬉しいよ。

 

そしてシーズン2のストーリー予測なんだけど、意外とベルリン中心にはならない気がする。

ベルリンとレッドの戦争というより、今までに近い感じになるようなイメージ。

ベルリンは潜って、レッドが突っつくみたいな。

 

それもこれも写真の少女が誰なのかによるよね。

彼女が死んでしまった女の子だとすれば戦争中心の展開、

リズ(または母?)なら、ベルリンがその存在を知るとき、一気にストーリーは展開する。

*でもベルリンはリズの存在からレッドを突き止めたのだったな・・

別の誰かなら(これはほとんど無いと思うが)、レッドとベルリンの争奪戦かな?

 

もしかするとベルリンは悪の権化ではなく、レッドに近いタイプかもしれない。

そうすると他に敵が登場なんてことも十分にある。

それに最も信用出来ないフィッチと委員会?の出方、目的、レッドとの関係が気になる。

 

そして一番気になるのはシーズン2の日本での放送時期だよね。

この発表をとりあえず待とう!

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

(写真 NBC)


7 thoughts on “ブラックリスト S1 E22 ベルリン後編

  1. coco

    女の子の写真は、E4のシチューメイカーのアルバムから取り出したので、シチューメイカーに殺された子だと思うのですが。

    1. ランキン Post author

      そうなんですか、シチューメイカーの件は気づきませんでした。
      確かシチューメイカーは、死の直前まで殺しをやっていなかった
      設定だったので、彼女の死体を完璧に処理したということなんでしょう。
      問題は女の子の写真が死の直前のものなのか、ずっと前のものなのか?
      そして#78はブラックリストの番号なのか?
      でもそうだと生きていることになってしまう・・
      とりあえず確かなのは、ベルリンにとって大切な存在だったという事ですね。

      1. かずよ

        突然すみません。楽しく拝見させて頂きました^_^
        私も、まだ、リズとレッドの関係性が分からないのでなんとも言えませんが、

        レッドが持っていた写真のナンバーは、シチューメイカーのアルバムから抜き取る時に既に書いてあった番号で、他の写真にもナンバーがかいてあるので、シチューメイカーが、自分で溶かした順番というか、記録みたいな感じで記入して、保存してたんじゃないですかね^_^

        そして、その横の文字は、スローモーションで見ると、Lでは無いように見えます。

        写真の女性は、リズにしては、少し年齢と、設定が合わないような気もします。

        家事の記憶はうっすらとあるようですが、それまでの記憶は無く、しかも家事から助け出される時に、ぬいぐるみを持っていることから、結構幼い時なのかと…。

        ベルリンの娘という事も、あるのかなと思ったのですが、ぬいぐるみを持って家事から助け出される前に、敵対する人と恋に落ちた…とは、少し無理があるように、今回の事で思いました。

        でも、このお話、ベルリンの過去も、ある人が言ってただけで、娘が…とかっていうのは、ただの噂というか、嘘というか、作り話かもしれませんよね…。作り話だとすれば、ベルリンの娘説は有効ですが、

        それなら、

        レッドがベルリンを探し当てて、私はおまえに恨まれる覚えも、顔も知らない。と言って少し拷問して返ってきた答えで、こいつはベルリンじゃないと気づいたと、後でリズに言ってるし…
        でも、レッドは初めからベルリンじゃないと気づいていたか…

        本当によくわかりませんよね

  2. かずよ

    続けてすみません。

    ベルリンが持ってる写真とレッドが持ってる写真…
    少し似てるように思いませんか?
    顔の向きや目の開き方とか…

    ベルリンが持ってる写真に生気が感じられないと思うのは私だけですかね…( ̄◇ ̄;)

    この懐中時計は、ベルリンが獄中にいる時に送られてきたもので、その時にこの娘の死体の写真が入ってたのでは無いでしょうか。

    この懐中時計は、娘に持たせた懐中時計。
    次は耳、
    次は指…

    だんだん送りつけられ、娘は男の元に返ってきたとあることから、ほとんどの部分がベルリンのとこへ送りつけられたように思えます。映像には眼球もあります。

    で、ここで疑問におもうのが、
    レッドが持っている写真。
    シチューメイカーが保存してた写真ですね。
    シチューメイカーは、自分が処理する直前に記念に写真を撮ります。

    …おかしく無いですかね?
    シチューメイカーは溶かすの専門、
    だからシチューメイカーと呼ばれてます。なのに写真の女性は目もあり、見た感じ綺麗な死体です。バラバラでは無さそうです。
    シチューメイカーが、バラバラにしてから、送りつける分を除き溶かした…ってのもありますが、なんかシックリきません。

    では、ベルリンに送りつけられた体のパーツは誰のか?

    はたまた、シチューメイカーが溶かした肉体は、ベルリンの娘じゃ無く、
    ベルリンとレッドが持っていた写真は別人なのか?

    ベルリンがリズの祖父…ってのも、なんか年齢が…合わないような気もするし…

    あー

    モヤモヤします笑

    1. ランキン Post author

      かずよさん、こんにちわ。

      ま~、これを予想したら次から次へと疑問が出て眠れなくなりますよね(笑)。
      今の段階では予測でしか無いですが、レッド、ベルリン、写真の女性、リズの関係を紐解くポイントは、
      レッドはベルリンの正体も存在も知らない。逆にベルリンはかなり前から誰よりも執念深くレッドを追い、
      ビジネスを邪魔し、リズにトムを送り込んでいた・・というところでしょう。

      レッドはなぜベルリンに狙われるのか?全く心当りがない。
      反対にベルリンはレッドの過去の行動?に殺意を抱き、10年以上に渡り攻撃を続けている。

      もちろん写真の女性とレッドとベルリンの対立(実際はベルリンの一方的な攻撃)は、
      無関係かもしれません。でもここまで周到にストーリーを築いてきたこのブラックリストが、
      対立と無関係のシーンをシーズンファイナルに持ってくるとは考えにくいかな?と思います。

      それからかずよさんの言われる通り、ベルリンの娘とバラバラの遺体は別人の可能性は
      あると思います。でもレッド以上の能力を持つかもしれないベルリンが、自分の娘の死体を
      勘違いするのか?・・これはどうでしょう。あと娘惨殺の話はベルリン自身が語ったもの
      なので、ハッタリということは無い気がします(このドラマですから)。

      そして写真の女性は(死体は)、シチューメイカーにシチューにされたので、
      バラバラにされたベルリンの娘とは別人物なんですよね。
      そしてこれもかずよさんの言われる通り、年齢的にリズでは若すぎる。

      まとめると、写真の女性はベルリンとレッド両者と何らかの関係を持ち、
      その後何者かに殺され、遺体はシチューにされた。
      そしてストーリー上、リズと何の関係もないとは考えにくい人物。

      この条件を満たす人物は?というと、リズのママかな?という予測でした。

      そして本文でも書きましたが、ベルリンが逮捕拘禁された時、女性はすでに
      みごもっていた(この子がリズ)。 そしてその事実をベルリンは知らない。
      その直後、何かの縁でこの女性とレッドが出会い、子供は無事生まれた。
      その後2人は恋に落ちた・・・と、予想しました。

      なにしろこの火事の時、まだレッドは犯罪者ではなく、ただのエリート軍人。
      この火事を仕掛けたのが誰なのか?は当初からのナゾですが、これをレッドに
      仕掛けた人物(組織)から少女を守るために、レッドは身を隠し犯罪者になり、
      その少女を親友に預けた。

      それと写真の女性はレッドにベルリンの話は一切していないはず。
      一方ベルリンがレッドの足跡をたどれたのは、リズの存在からだとロシア人が言っていた。
      するとベルリンはリズとレッドの関係を知っていることになる。ベルリンがレッドを
      いくら追ってもなんのシッポも掴めなかったのに、リズの存在があっけなくわかったと
      いうことは、リズがレッドの実の娘か? 母をベルリンが知っているか?どちらかですよね。

      ここはこのブラックリストの根幹に関わるナゾですから、面白い結末を期待したいですね。

  3. 匿名

    多分ですが、ほぼ確定でシチューメイカーの時の写真とベルリンの持っていた懐中時計の写真は一緒です。

    気になったので写メをとって、見比べてみたら同一人物でした。

    私の予想だと、ベルリンとレッドは知り合い。今は犯罪者のレッドですが以前は自衛隊か何かに所属していたので護衛をしていたベルリンとか何らかで接点があったのではないでしょうか?

    そして、レッドを狙っていると言われてる裏の組織がベルリンと言われていますがそこは建て前で本当はその裏にもっと大きな組織があるように思います。

    シチューメイカーに指示を出していたのも政治関係者だった事もあり彼女はベルリンの子供だとゆう事を利用され溶かす予定だったが、バラバラにされたのではないでしょうか?

    そうする事によって獄中にいて外部からの情報が全くない状態のベルリンに写真やバラバラの体が送られてきて頭が沸騰しているベルリンに対してレッドの名前を出したのでは?

    自分の手は汚さず、ベルリンにレッドを殺させるための計画かと。

    1. ランキン Post author

      ベルリンの話ですね。もう先の話を見てしまったので、この場で内容については書きませんが、とにかくセリフや映し出された場面を細かく見ておく事をおすすめします。正直、私も何度も見直して、あれなんだったかなあ?なんてやっていました。それでもわからなかったこともあったので、できれば全話録画が良いと思います。ブラックリストで一番楽しい頃ですから、思いっきり楽しんで下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。