スコーピオンS3 E1 / 包囲された国

 

海外ドラマ「スコーピオンS3 E1 / 包囲された国」

 

スコーピオンのシーズン3が始まった。

シーズン1は新鮮さもあって、とても楽しめたけど、シーズン2はイマイチと個人的には感じていた。

まあ、そこまでダメということは無いんだけど、ハマった!とか毎週楽しみ!とかではなかったなぁ。

 

シーズン3の1話は、ウォルターとペイジの変則恋愛話がオープニング。

簡単に言うと、ペイジをウォルターとティムが取り合う・・ということなんだけど、恋愛をよく理解していないウォルターがペイジとの関係をうまく作っていけないという話。

でもこの辺の話はどうでもいいかな??

それより恋愛系ならハッピーとトビーの方が面白い。

それにスコーピオンの一番の面白さは、意外と激しいアクションと、彼らが天才ぶりを発揮して事件を解決する爽快感だと思う。

 

ところでちょっと気になったのはウォルターのルックス。

微妙に太ったのか? というか老けた?

なんかシャープさが無いというかなんというか・・・

髪型かな?

設定がオタクなので見栄えがイマイチになるのは仕様だとしても、なんかキレがないんだよなぁ。

 

でも今回のエピソードは面白かった。

今回バラバラになっていたスコーピオンに招集がかかった理由は、アメリカ上空で米軍の戦闘機2機がハッキングされ同士討ちの危機にあるとのことから。

さらに同時にアメリカ本土を包囲する形で、米軍の戦艦(原子力潜水艦も)4隻もハッキングされていた。

ほぼアメリカ全土が自国軍に包囲され、殲滅の危機にあるという非常事態。

 

たぶん現実には戦艦やら原潜、戦闘機はオフラインになっていて、ハッキングは不可能なんじゃないかと思う。

でもそういう映画もあるので、兵器もオンラインなのかな?

でもそれだと相当な危険があるよね。

いくら強力なプロテクトを掛けても、100%ハッキングを防ぐなんて無理だろうし・・

24なんかでも確か強力な兵器はオフラインになっていたはず。

大統領の持ってる核ボタンとかヤバイもんねえ。

 

まあそれはいいとして、今回のハイライトはハッキングされた戦闘機の回復シーン。

戦闘機の電気系統を完全に遮断した瞬間に再起動、再インストールで機能回復!というハッピーの作戦。

結果は自分たちの頭上数メートルで戦闘機がコントロールを取り戻し無事生還した。*一機は撃墜されたが・・

このパニックムービー的なシーンはスコーピオンの特徴なんだけど、今回のは特別緊張感があって面白かった。

 

その後のウォルターとペイジが、政府のサーバー室内でミサイル攻撃を受けるシーンも危機一髪で緊張感があった。

まあ、巡航艦から発射された弾道ミサイルを目視で確認して逃げ切れるってのは??と思ったけど(笑)、時速800kmのミサイルから50秒で逃げ切るというシーンはドキドキした。

このハッピー達のシーンとウォルター達の2シーンは、恋愛話をプラスした対の演出なんだけど、両カップル共に解決できない問題を抱えていて次回につながっている。

 

今回はストーリー自体が次回につながってる1話完結ではない続きエピソードだけど、もしかして片方のカップルは事件と関係があるのかな?

とりあえず今回、ケイブ達が向かったブルガリアにはハッカーはいても黒幕はいないはず。

黒幕はアメリカ本土にいてウォルターと直接対決ってのが一番ありそうな話。

そして黒幕はスコーピオンが、またはウォルターが知っている人部・・という可能性はありそう。

 

なんといっても今回はゲストがほとんど出ていないしね。

最初の海軍大将の俳優さんはよく見る人だったけど、彼以外のゲストが皆無ってことは次回に黒幕が登場し、しばらく強敵として暗躍するとかのパターンかな?

どういう展開にせよ、今シーズンのスコーピオンは、先に期待できる最高のスタートだと思う。

さて次回はどうなるのか?

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。