メンタリスト S5 E21 / 赤く腫れた手首

 

海外ドラマ「メンタリスト S5 E21 / 赤く腫れた手首」

 

メンタリストでは長年のナゾだった、「ラローシュのタッパー事件」が今回ようやく解決した。

まず事の発端はメンタリストのシーズン3 20話の事。

当時チームの上役に就任し、内部監査的な職務もこなしていたラローシュ。

 

ラローシュはジェーンらに対し、徹底した秘密主義で自分の得た情報を

一切漏らさないというスタンスをとっていた。

これはレッドジョンがらみの捜査情報に関しても同様。

 

なのでジェーンは、ラローシュの存在を非常にジャマと感じていて・・・

というところで、ラローシュのタッパー事件が起こる。

このブログでの当時の感想= メンタリストS3 E20

 

この時はラローシュのタッパーの中身は明かされないまま終わった。

 その後もこれといってタッパーに関する話はなくて、メンタリストファンからすれば、

「一体何なんだよ!」という気持ちが強かったと思う。

 

今回明らかになったタッパーの中身とは、数年前にラローシュの母親がレイプされる事件が発生。

その事件の公判直前に、ラローシュが犯人の舌を切り落とし復讐、

それをタッパーに保存していた、ということだった。

 

まず、結末がなんであれ、こうして物語を完結させたのはいいことだと思う。

ただ、この話が出た当時、ラローシュの母の事件なんて全く話になかった事を考えると、

このストーリーは明らかな後付けだよね。

 

S3・20話の出来が良く、評判が想像以上に良かったこと、

そんな理由でラローシュのタッパーの話がどんどん大きくなってしまったことから、

今回こういうエピソードが生まれたんだと思う。

 

まあ、実際はタッパーの中身を知らないジェーンと、弱みを握られたと思い込んだ

ラローシュの駆け引きが面白かったので、個人的にはすごく楽しめた。

 

ただやっぱり、こうするなら1シーズン遅かったという気はするし、今回の最後のシーン、

リズボンがナゾを「具体的」に解明するシーンは、いらなかったんじゃないかな?

ここは賛否両論だと思うけど、ちょっとチープな感じを受けた事を、

多くのファンは否定出来ないと思うな。

 

ついでに言うと、こちら=メンタリストS3 23話 では、

今回の犯人の話をしているけど、これも長期間かかって解決したことになる。

 

そうなるともう一つ、当時怪しい演出のあった「局長」の件も解決する可能性があるね。

 

良かった!とかダメだった!とか、両方書いてしまったけど、

一応満足した、というのが今回の素直な感想かな。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 

 

 


Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。