グッドワイフ シーズン6

 

海外ドラマ「グッドワイフ シーズン6」

 

前回(グッドワイフS5の感想)に続いて、シーズン6の感想。

まずシーズン6の全体的な感想からいくと、シーズン5に比べるとやや見劣りする感じがした。

もちろん一定以上の水準はキープしているし、面白くないなんてことは全然ない。

ただ前シーズンがそれだけ面白かったということと、これは個人的な意見だということもあると思う。

 

で、そのパワーダウンした・・と感じた点、悪い点からいくと・・

  1. アリシアの政界転身の結末があまりにヒドい
  2. せっかく良い新キャラが出たのに中途半端
  3. ケイリーとアリシアの関係に現実味が感じられない
  4. ピーターとアリシアの関係も中途半端

1は、このグッドワイフの最期のテーマとなると大きな期待をしていたので、この顛末にはあまりにガッカリ・・

まずリアリティが無い、そしてこのテーマは将来の大統領を~というものなので、あまりに軽い扱いにガッカリ。

ただし選挙戦の描写は面白かったし白熱した。最終的な結果がダメだっただけで、それ以外はかなり楽しめた。

 

2は、シーズン3ぐらいから感じられたことだけど、せっかく良いキャスティングをしているのに、そのキャラがなんかイマイチのまま自然消滅してしまうこと。

これはもちろん俳優側の都合とかもあるんだろうけど、それにしてもシーズン6では自然消滅的な退場が多すぎる。

売りだそう!とした途端、風化しちゃった・・みたいな感じ。これは作品のレベルを落としてしまうよね。

 

3は2人がなぜ起業したか?という前提の話が原点にある。

自主独立、能力主義を掲げたケイリー、それに賛同しつつ、本当の理由はウィルとの決別(または職場だけでも距離を置く)。

なのでこの2人に対立が起こるのは必然でもあるんだけど、そこそこ重いテーマであるのにもかかわらず、しかも頻繁に衝突するのに毎回あいまいに終わる。

これも格を下げる要因になるね。

 

4。これも3に似ている。

ただこの2人は、過去を考えると大きな対立に発展しやすい。

なので仮面夫婦を続けるというのは、やっぱり無理がある。

特にアリシアの政界進出を考えると、この問題は相当厄介だ。

一般論では離婚=イメージダウンだけど、聖アリシアの場合は逆に離婚がプラスになる可能性がある。

仮に保守派でも女性有権者の大半は賛成するだろうし、リベラル+マイノリティーの支持も見込める。

ヒラリーさんとは別の筋書きで大統領を目指せる。

ここが片付けば、イーライもアリシアの選挙参謀に、そしてやがては大統領補佐官として・・・という未来が見えるよね。

 

と、ズラズラ悪い面を書いたけど、もちろん良い面のほうが圧倒的に多い。

ゲストももったいない扱いも多かったけど、相変わらず魅力的なほうが比率は高い。

そしてストーリーも高水準を維持できている。

なので良い面は前シーズンの感想とダブる。

そこで最後にグッドワイフS6を見ていて気になった、登場人物の経済状況について書いてみる。

 

グッドワイフのキャラ、ロックハート&ガードナー(旧)とフロリック・アゴス事務所(旧名称)のメンバーがどの程度給料をもらっているのか?

これは結構興味あるよね。

以前のシーズンで、カリンダがウィルに昇給を要求したことがあった。

この時、彼女が要求したのは5万ドル(年)の昇給。

これに対しウィルは、要求通りの5万ドル+ゴルフ場の会員権などを与えたはず。

カリンダが給料を倍に!とか、倍以上に!とか言わなかったことから、彼女の当時の年収が5万ドル以下とは考えられない。

というか5万ドル付近でもなさそうなので、おそらく8~10万ドルぐらいだったと予想できる。

なので現在のカリンダの年収は、推定13~15万ドル。

調査員としては破格の年収だけど、彼女の活躍からすれば妥当といえるよね。

「カリンダが解決した」と言ってもいい案件は数多くあったし。

 

このカリンダの13~15万ドルと、今度は弁護士を比較してみよう。

シーズン6ではある事件から、ケイリーの年収がネタになるシーンが有る。

これは訴訟絡みの話なので、ケイリーの本当の年収が判明した。

で、現在「フロリック・アゴス事務所」のパートナーとしての年収は35万ドル。

単純に1ドル=100円で計算すれば3500万円。*2016/5/12現在・ドル円のレートは約108円だから、もう少し高く見たほうが正確。

これはインセンティブ(歩合・成功報酬)を抜きにしているので、実際の年収は、もっと高いことになる。

ま、インセンティブを抜きにしても、年収3500万円は勝ち組にあたるし、十分リッチだよね。

 

ところがこのケイリーも、現在のパートナー(経営者・役員)になる前のジュニア・アソシエイト時代の年収は8万5千ドル(約850万円)。

ん~。これだとパートナーになりたがるだろうし、独立したいと思う気持ちもよく分かる。

 

さらにケイリーは、ロックハート&ガードナーを首になり(1回目)、検事補になったことがあった。

この時の年収は3万8千ドル(380万円)。

これを見て分かるのは、アメリカの公務員は給料が安い。

もちろん全てではないけど、民間とはこのくらいの格差があるということだ。*ある程度成功した場合の話

よく映画なんかで、「アメリカでは凡人が公務員になり、能力の有る者は起業する」なんていうけど、この結果を見るとまさにそんな感じだ。

 

ただケイリーの場合、ロースクールの学費は奨学金を借りたというセリフが過去にあった。

最近は日本でも増えているけど、学費のローンが払えなくて破産する者がアメリカでは結構多い。

そういう背景があるので、ケイリーはアリシアとのジュニアアソシエイトの座をめぐる戦いで、かなりハングリーだったんだと思う。

ケイリーの父も弁護士、彼はNYで有名だったはずなので、リッチな家庭の生まれなんだよね。

でも父の教育方針が厳しかったのか、ケイリー自身の意向なのかは分からないけど、奨学金でロースクールの学費を払った。

厳しい戦いを生きているよね。

 

そんなケイリーだけど、家賃は4000ドル。

これは検事補時代も同じ家賃なので、毎月マイナス(笑)。

これもいずれ自分は~という考えのもとなので、自分の脳力に対し揺るぎない自信があったんだろう。

それにしてもシカゴも家賃が高いな。

日本より全然高いよね。

しかし一人暮らしで家賃40万円って(笑)。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 


2 thoughts on “グッドワイフ シーズン6

  1. yagiboo

    映画もドラマもリアリティーが大切
    これからもリアリティーを追求したコメント楽しみにしています

    1. ランキン Post author

      ほんとですね、リアリティがないとバカバカしく思えてきます。
      面白い海外ドラマがあったらまた紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。