アメリカン・ホラー・ストーリー ホテル E4 / 悪魔の晩餐会

 

海外ドラマ「アメリカン・ホラー・ストーリー ホテル E4 / 悪魔の晩餐会 」

 

今回はコルテスホテルでハロウィンに行われる「デビルズ・ナイト/悪魔の晩餐会」のお話。

ここ2シーズンのアメリカンホラーストーリーでは、ハロウィーンの夜にとんでもないヤツが出現する演出があった。

前々回の魔女団のではヴードゥーの魔神が、前回の怪奇劇場では相当ヤバイ魔人が登場。

で、今回はアメリカの歴史に名を残した殺人鬼達が出てきた。

 

死んだ有名な連続殺人鬼がゴロゴロ出てきたけど、個人的に知っているのはアイリーン・ウォーノスだけだった。

このアイリーン・ウォーノスとは、モンスターって映画でシャーリーズ・セロンが演じた女殺人鬼だ。

あの映画でのアイリーンはすごく寂しいというか、救われない女性だったけど、このアメリカンホラーストーリーでの彼女は、もっと絶対悪に近いような描かれ方だった。

 

そしてこのアイリーンを演じたのは、このアメリカンホラーストーリーで毎回強烈な印象を残すリリー・レイブ。

今回は出ないのかな?と思っていたので、この出演にはビックリした。

あの髪を後ろにやるクセとか、汚い言葉使い、下品な態度、う~ん、リリー・レイブの演技は今回も冴え渡っている。

最初誰だか分からなかったけど、この存在感がね。

タダモノじゃないんだな。

 

今回のストーリーは、イカた殺人鬼達を眺めて楽しむような回だったけど、そんな中で大きなナゾが2つあった。

まず1つは当然、ジョン・ロウ刑事がなぜこの晩餐会に呼ばれたのか?

それもマーチ直々の招待だった。

ジョンは殺人鬼じゃないよなぁ・・・第一、彼は死んでいない。

まあ、ここにきっと大きなナゾと、この「ホテル」のメインストーリーが隠れているんだろう・・・と思う。

 

そしてもう一つのナゾ。

これも重大なナゾなんだけど、今回の劇中では全く触れられなかった。

それはこのホテルの真の所有者マーチとレディー・ガガの関係だ。

マーチと、というか、ホテルの亡霊と、ガガ&吸血鬼の関係が全く分からない。

 

マーチと殺人つながりがある亡霊と、ガガに忠誠を誓った吸血鬼は全く別物だった。

でも同じホテルに泊まっていて、何度も顔を合わせているはずだから、お互いに何者かはわかっているはず。

前回書いたように、マーチの妻がガガならナゾは簡単に解けるけど、さ~て真相はどうなんだろう?

 

マーチのちょっとコミカルな悪役、ひたすらナゾなガガの演技は面白いけど、なんで??と思うよね。

そういえば、今回でガガに忠誠を約束し、ホールデンとの絆を選んだジョン・ロウの妻も気になるね。

なんでいきなり、そこまで突っ走ってしまったのか?

ここまでのジョンとの揉め方も、ホールデンの件以外でも何かありそうだし。

 

ということで、今回はちょっと本筋と外れた遊び的な回だったけど、まあ楽しめたよね。

あの金持ち男をみんなで惨殺するシーンとか、相変わらずどうしようもないシーンだったけど(笑)。

 

応援↓お願いします
にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ

 


One thought on “アメリカン・ホラー・ストーリー ホテル E4 / 悪魔の晩餐会

  1. Pingback: アメリカン・ホラー・ストーリー ホテル E12 / 血の歴史 再開 – 海外ドラマ おすすめします

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。